RGBから輝度Yを求める方法

画像処理ソフトを使っていて、RGBの情報から輝度情報(Y)を求めたい場合があります。

例えば、下の黄緑と黄色ではどちらが明るいでしょうか?

理数系の方でしたら、もしかしたらRGBのベクトルを計算して求めると思われるかもしれませんが、Photoshop等の一般的な画像処理上(Rec.601)では以下の様に求めます。

Y=0.299R+0.587G+0.114B

一体この計算式の根拠は何だろうと思ってしまいますが、実はこの三つの係数(0.299、0.587、0.114)を全て足すとピッタリ1になります。

すなわちこれは、人間の色に対する視覚の強さを表しており、赤:緑:青の明るさを感じる度合いは3:6:1という訳です。

ここれで計算すると先ほどのカラーパッチの輝度情報(Y)は以下の様になります。

という訳で画像処理上も人が感じる上でも、上のパッチであれば黄色の方が明るいという事になります。

コメント