DaVinci Resolveに取り込めないMP4ファイルの原因と対策

これは興味深い

DaVinci Resolveを使って動画編集していた所、取り込めないMP4の動画ファイルがいくつか見つかりました。

それを一覧にしたのが以下になります。

このフォルダーの中の上4つが、DaVinci Resolveに取り込めなかったMP4の動画ファイルです。

取り込めなかった動画ファイルにはいくつか共通点があります。

先ず一つ目がどれもコーデックがH.254(ビデオ圧縮の3436~がそれを示す)であることです。

そしてもう一つが、上3本の動画のフレームレートが29.83~29.98fpsと、本来の29.97fps或いは30fpsと異なる事です。

この理由は設定したビットレートが低くてエンコード(圧縮)が間に合わず、本来のフレームレートを維持できなかったのでしょう。

なお4本目の動画は、フレームレートが29.97fpsでありながらDaVinci Resolveに取り込めませんでした。

推測ですが、恐らくこれは四捨五入して29.97fpsであるものの、正確には29.965fpsもしくは29.974fpsの様にDaVinci Resolveにとっては規格外でに取り込めなかったのかもしれません。

動画のファイル容量を減らすため、ビットレートはギリギリまで抑えているので、こんな事もあるのでしょう。

そうなると、このフレームレートを見る事によって、ビットレートを上げるもしくは下げるの目安になります。

それはともかく、万一MP4の動画ファイルでありながらDaVinci Resolveに取り込めない場合は、動画変換ソフトで再度29.97fpsもしくは30fpsに変換してやれば読み込めそうです。

ちなみこれらのファイルは、Wondeshere Filmoraでは読み込めますので、そんな面倒な事は止めて、直接この動画編集ソフトで編集するつもりです。

コメント