手っ取り早くスタートアップフォルダーを開く方法

ついつい忘れしまいます。

PC立ち上げに自動的に起動するアプリを格納する、スタートアップフォルダーの開き方を。

なかなか見つからないスタートアップフォルダー

前回は簡単に見つかったのになー、と思ってもなかなかその方法が思い出せません。

そんな訳で、手っ取り早くスタートアップフォルダーを開く方法をメモしておきます。

 

shell:startupを使う

一番確実なのは、エクスプローラーのアドレスバーにshell:startupを入力する方法でしょう。

 

とは言え、このshell:startupなる単語も明日になれば綺麗に忘れてしまいます。

せいぜい覚えられるというか思い出せるのは、スタートアップぐらいです。

その単語だけで、スタートアップフォルダーを見つける方法は以下の通りです。

 

タスクバーにある検索メニューを使う

1)先ずタスクバーにある虫メガネ(検索機能)をクリックして、表示された画面の検索バーにスタートアップと入力します。

ただしこのままエンターキーを押すと、無駄にWeb検索が始まってしまいます。

2)このため、検索のカテゴリをフォルダーに切り替えてエンターキーを押すと、ご覧の通りスタートアップフォルダーが見つかりました、と言いたい所なのですがダメでした。

何か制限を掛けているのか、或いはシステム上の都合なのかどうかは分かりませんが、このタスクバーにある検索メニューは役立たずです。

 

エクスプローラーの検索バーを使う

気を取り直して、エクスプローラーの検索バーにスタートアップを入力して検索してみます。

 

すると少々時間は掛かりましたが、ご覧の通りスタートアップフォルダーが表示されました。

あとは中身を変更するだけです。

まとめ

まとめは以下の通りです。

スタートアップフォルダーを開くには、エクスプローラーのアドレスバーにshell:startupを入力するか、同じくエクスプローラーの検索バーにスタートアップを入力する。

後者なら、何とか覚えておけそうです。

 

 

 

スポンサーリンク
PC
Urban Cafeteria Blog

コメント