古いFilmoraを無償でバージョンアップできるかやってみた

はじめに

2024/1/21

今まで動画編集に、古いFilmora 9を使い続けてきました。

Filmora 9の操作画面

Filmora 9のバージョン情報

ところが、最近になってこのソフトを立ち上げると、以下の様なFilmora 13の更新通知がちょくちょく表示される様になりました。

 

Filmora 13と言えばAI機能がふんだんに盛り込まれた最新版の動画編集ソフトで、下にあります様に買い取り版(永続ライセンス)でも8980円もします。

 

そんな最新バージョンが、無料で手に入る訳がありません。

恐らく迂闊に更新すると、無料版のFilmora 13になって、書き出した動画に透かしが入るのでしょう。

と思ってかれこれ一か月近く無視していたのですが、通知が届く度に、もしかしたら、もしかしたら、もしかしたら無料で更新してくれるのではないかと、虫の良い期待が徐々に芽生えてきました。

という訳で、思い切って(人柱覚悟で)禁断の果実を取りに行ったのですが、果たして成功したのでしょうか?

それとも予想通り失敗に終わったのでしょうか?

どんな結果になるかお楽しみに。

 

更新開始

1)そんな訳で、意を決して今すぐアップデートをクリックしてみました。

 

実はこのボタンをクリックするのは、今日で2度目です。

前回はクリックした直後にキャンセルを押すと言う、自らの気の小ささを露呈したのでありました。

2)ですが、さすがに今回は違いどんどんダウンロードを進めてきます。

 

3)するとものの数分でダウンロードが完了し、以下のメッセージが表示されましたので、当然ながらはいをクリックします。

 

4)すると以下の様にインストール画面が表示されますので、OKをクリックします。

 

5)以下の様に旧バージョンをアンインストールしろと言われるので、その通りにします。

 

6)ところが、プログラムファイルを見てもWondershereのマイナーなソフトはあるのですが、Filmora 9は既にありませんでした。

どうやらインストーラーによって自動的に消去された様です。

 

7)次はどうすれば良いのかと思ったら、デスクトップ上に以下の画面が表示されていました。

 

当然ながら次へをクリックします。

 

8)いつものライセンス同意書が表示されるので、同意してインストールを開始します。

 

9)インストールするフォルダーはそのままで次へ。

 

10)インストールが開始されました。

 

11)インストールが完了すると、自動で以下のHPの画面が開きます

 

12)上の画面を閉じてデスクトップ上を見ると、以下の画面が表示されていました。

問題はFilmora 13が立ち上がるかどうかです。

 

13)早速デスクトップ上にあるFilmora 13のショートカットをクリックした所、以下の画面が表示されました。

 

うまくいきそうな予感じです。

ここで新しいプロジェクトをクリックします。

 

14)すると無事Filmora 13が立ち上がり、デモの動画をタイムラインに挿入する事もできました。

そんな訳で、何と無料でFilmora 13にアップデートできました。

ありがたやWondeshere様、さまです。

と思ったのですが、残念ながら世の中そんなに甘くはありません。

 

どんでん返し

早速Filmora 13の機能を色々使わせて貰おうと無音検出をクリックした所、いきなり以下のメッセージが出て凍り付きました。

落とし穴はここにあったのです。

そもそもFilmora 9をどうやって購入しのかも全く記憶がないのに、WondershereのIDやパスワードなんて覚えている筈がありません。

もちろん昔のアドレスやパスワードを入れてみたのですが、ログインできる訳がありません。

万事休すです。

少なくとも前バージョンであれば、編集や書き出しができたのですが、今ではそれすらできなくなってしまいました。

Windowsの復元でも戻せないでしょう。

バージョンアップしなければ良かったと思っても、もう後の祭りです。

という訳で、この話は予想通りの結末で終わったのでありました。

 

大どんでん返し

その翌日です。

Filmora 13の無償版はどこまでできるのか確認していた所、PC画面録画をクリックしただけで、あの忌々しいログイン画面が表示されるではありませんか。

今までちょくちょく使っていたのですが、それも使えなくなってしまいました。

それはともかくとして、この画面を見てフト思いました。

新規にアカウントを作成したらどうなるの?

そう思って画面にあるアカウント作成をクリックしてみます。

すると以下の表示が現れました。

 

そこで試しに新しいメールアドレスパスワードを入力したら、なんとFilmora 13がアクティベートされたではありませんか?

な、な、何で?

とは思ったものの、使えれば何の文句もありません。

神様、Wondeshere様、Filmora様、ありがたく使わせて頂きますと共に、この話はしっかり記録に残しておきたいと思います。

 

やっぱりそうだったのか、、、

2024/1/25

これですっかり終わったと思っていたのですが、ダメでした。

数日後Filmora 13を使って書き出しをしようとしたら、以下のメッセージが出るではありませんか。

という訳で、(アクティベートできたものの)結局無償版に戻っていたのです。

このアップデートに費やした時間は何だったのでしょう。

これで完全に終わったと思ったのですが、試しに購入をクリックするとWmdershereのHPが開くと共にデスクトップ上に以下の画面が表示されました。

淡い期待を抱いてエクスポートをクリックしたのですが、先ほどの購入を促す画面が出るだけでした。

という訳で、この話は今度こそ大完結です。

なおもしかしたら、しっかりと古いFilmoraのアカウント情報をお持ちでしたら、もしかしたら使えたかもしれない事を念のためお伝えしておきます。

スポンサーリンク
PC
Urban Cafeteria Blog

コメント